関西光科学研究所 >> 研究内容

関西光科学研究所は木津地区と播磨地区に活動拠点があり、J-KARENレーザーやX線レーザー等の高強度レーザーを中心とした光量子科学研究及びSPring-8の専用ビームラインを中心とした放射光科学研究を推進しています。

木津地区では、世界トップクラスの高強度レーザーなどの技術開発を基盤として、電子やイオンのレーザー加速など学術の最先端を目指した研究やイノベーションの創出に向けたレーザーの産業・医療応用に関する研究を行っています。

一方、播磨地区では、放射光と計算科学を活用して、水素貯蔵材料をはじめとする環境・エネルギー材料等の構造や品質、機能発現機構などの解析・評価に関わる研究開発を行っています。

これらの研究開発により、省エネルギー・省資源型材料の基礎科学的理解を与え、クリーンで経済的なエネルギーシステムの構築、持続可能な循環型社会の実現等を支援します。

木津地区
播磨地区 (SPring-8/SACLA (c)RIKEN)
J-KARENレーザ
専用ビームライン