Home

集合写真はこちら
groupphoto

開催趣旨

 この度、国立大学法人大阪大学と国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構との間で包括的連携協力協定を締結することとなり、さらにこの包括協定の元、大阪大学レーザーエネルギー学研究センターと関西光科学研究所は、ハイパワーレーザーに関する技術開発及びその利用研究を推進するための覚書を取り交わすこととなりました。
 これを機会に両組織間の連携協力体制をより強固なものにし、光・量子ビーム科学分野の研究開発を加速することとし、その一環として、大阪大学と量研機構の主催により本合同シンポジウムを開催する運びとなりました。

 本合同シンポジウムは、関西光科学研究所が毎年開催しておりました光量子科学研究シンポジウムに代わるものとして、今後、大阪大学レーザーエネルギー学研究センターと合同で開催して行くものであります。
 第1回目となる今回の合同シンポジウムは、大阪大学と量研機構の包括的連携協力協定締結を記念し、多くの方々をお招きして活発なご議論等お願いしたく、下記のようにご案内させていただきます。
 皆様におかれましては、ご多忙のところ誠に恐れ入りますが、是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。

参加登録 ⇒ http://vlda-cons.org/opto2016
(お名前、メールアドレス、ご所属、懇親会出欠を記載)

Download:チラシ(pdf:550KB)
Download:Program(pdf:188KB,2016/11/16更新)

会期 平成28年11月24日(木曜日)、25日(金曜日)

会場 千里ライフサイエンスセンター
  (大阪府豊中市新千里東町1-4-2 地下鉄御堂筋線千里中央駅下車すぐ)
電話 06-6873-2010

主催
  国立大学法人大阪大学
  国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構

規模
  参加人数
    約300名程度
  発表件数
    口頭講演 18件程度
    ポスター発表 150件程度

主な出席者・来賓者(予定)
  平野 俊夫
    量子科学技術研究開発機構理事長
  西尾 章治郎
    大阪大学総長
  田野瀬太道
    文部科学大臣政務官
  大竹 伸一
    公益社団法人関西経済連合会副会長 
  Prof. Roland Sauerbrey (ロナルド ザワブライ)(特別講演)
    ドイツヘルムホルツ・ドレスデン研究機構所長