JAEA微細構造解析プラットフォームの利用

JAEA微細構造解析プラットフォームの利用方法

応募資格

大学、民間企業及び公的研究機関に属する研究者等とします。学生は課題実施責任者として応募することはできません。

定期募集

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構は、文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業の実施機関として、また、自主事業(施設供用制度)として、保有する施設・設備を広範な利用に供しています。11月頃に次年度上期(A期)分の、5月頃に当該年度下期(B期)利用分の定期募集を行います。

応募方法

JAEAの応募様式に必要事項を記入し、申込先まで電子メールでお送りください。
E-mail:renkei.shisetsu[at]jaea.go.jp
〒319-1195 茨城県那珂郡東海村大字白方2番地4
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
研究連携成果展開部 連携協力課 施設利用チーム
TEL:029-282-6260 / 6956
FAX:029-282-6808

応募様式等は、JAEA研究連携成果展開部のホームページよりダウンロードしてご利用ください。

利用料金

JAEAの放射光装置のご利用には、利用料金をお支払いいただきます。利用料金の構成は以下の通りです。なお利用相談は無料です。

利用料金
①取扱手数料

「取扱手数料」は、全ての実施課題1件当たり、10,700円をいただきます。

②施設の運転に係る経費

「施設の運転に係る経費」は、利用区分ごとに単価が定められています。利用形態、利用装置による違いはありません。「施設の運転に係る経費」は、1シフト(=8時間)を単位に、利用時間に応じて課金されます。

下記の料金表で、ナノテクノロジープラットフォーム課題に該当するのは成果公開課題(一般課題・競争的資金利用課題)のみです。ただし課題実施後、必要な成果公開要件を満たさない場合は、成果非公開課題料金との差額を追徴する場合があります。

「施設の運転に係る経費」は3年を目処に見直し、改定されます。利用申請の都度、最新の料金表を本ホームページまたはJAEA研究連携成果展開部のホームページでご確認ください。

③追加経費

追加経費は、利用者のご要望に応じて、特別に経費を必要とする場合にだけ、原則、実費と間接費をいただきます。

追加経費の主なものは、装置等の操作または運転等の役務の提供や、装置等の操作または運転等の方法、実験試料等の作成方法、実験データ等の解析方法等に関しての技術指導に係る費用や、施設供用に伴い必要となる供用施設以外での施設等の利用、試料の運搬、消耗品の手配などに掛かる費用です。

このうち、役務の提供や技術指導に係る費用は、利用開始時に施設・設備担当者からひと通り装置等の運転方法や安全に係る注意事項等について説明いたしますが、それ以外にJAEA職員の対応を求める場合は、全て追加経費として有償になります。

費用は、対応時間と実際に担当する職員のクラスにより決定しますので(直接人件費単価表)、事前に施設・設備担当者とご確認ください。これらの費用は、成果公表においてJAEA職員が共著者として扱われる場合にのみ免除されます。

料金表

競争的資金利用課題

競争的資金利用課題は、科学研究費補助金等の公的競争的資金(助成総額2,000万円以上)を獲得した利用者が、その提案に基づいてJAEAの放射光実験装置を利用する場合に申請可能です。当該競争的資金の申請前にJAEAの担当者との合議を得てください。課題審査委員会からの意見聴取を経て採否を決定します。申請課題が採択された場合は、「基本料金」の1/3程度の料金で「優先的」に利用できます。

事前打ち合わせ

ご応募の際には、事前に技術的内容について、ご利用予定の装置のJAEA担当者と十分お打ち合わせください。

随時受付

定期募集によらない課題でも随時受け付けていますが、緊急性が認められる課題に限ります。この場合、緊急に実施することの必要性を示した「理由書」(様式自由)を申請書に添えて提出してください。

重複申請

JASRIが募集するSPring-8共用ビームラインの利用課題や他の放射光施設の利用課題などとの重複申請を禁じるものではありませんが、JAEAへ申請した課題が採択された後は、正当な理由無く実施をキャンセルすることはご遠慮願います。

課題審査

応募された一般課題は、JAEAとQST合同の課題審査委員会で審査され、採否と利用シフト数が決められます。競争的資金利用課題については、課題審査委員会からの意見聴取を経て事務局で採否と利用シフト数が決められます。応募者に対して事務局から採否および利用シフト数を通知いたします。

施設供用約款

課題審査に合格し、「施設供用約款」に同意された場合に研究支援いたします。

施設供用申込書・確認書

課題審査に合格後に「施設供用申込書」をご提出いただきます。その作成の前に「施設供用約款」をご一読ください。また、ナノテクノロジープラットフォーム課題では、「確認書」も合わせてご提出いただきます。JAEAの「研究開発活動の不正行為への対応」をご一読の上、「確認書」の作成をお願いします。「確認書」は研究代表者のみならず、当該課題の参加者全員が作成し、研究代表者が取りまとめてご提出ください。

採択課題の有効期限

利用課題の有効期間は、募集対象期間の年度半期内のみとします。ただし装置の故障等により当該期間に実施ができない場合は、次期以降に延期することがあります。

採択課題の実施フロー

採択課題の実施フロー図

図をクリックすると拡大図が表示されます。

注①

JAEAから実験責任者に、JAEA微細構造解析プラットフォーム課題番号(A-18-AE-○○○○)とSPring-8課題番号(2018A○○○○)を通知します。

注②

SPring-8 User Informationよりマイページにログインして、「課題申請/利用計画書」⇒「新規作成」⇒「STEP1:成果非専有」及び「STEP2:専用ビームライン」を選択して、必要項目を入力して下さい。

  • SPring-8課題番号(下4桁)を使用して下さい。
  • 2018A期の利用計画書の入力締切は、JAEA事務局からお知らせします。
注③

JAEAの「施設供用約款」と「研究開発活動の不正行為への対応」をお読みいただき、「施設供用申込書」に必要事項を記入・押印し、全4枚(原紙)を下記窓口へ提出して下さい。「施設供用申込書」の研究協力者リストに記載したメンバー全員の「確認書」を取りまとめの上、下記窓口へ提出して下さい。様式は前もってJAEA事務局より送付します。

  • 提出締切は、課題実施日の3週間前です。
  • 提出後、承諾書を返送します。

【提出先】
〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
原子力科学研究部門
物質科学研究センター 研究推進室(播磨地区)
担当: 毛利 梓 070-1456-9348

注④

2018年4月1日以降、初めてSPring-8 を利用する方が提出(送付)する書類で、年度内有効です。SPring-8 User Informationから「来所/実験」⇒「必要書類提出」⇒「外来放射線作業者登録申請書(様式5-1)」を選択して、申請書作成Webページで入力後、印刷・押印の上、下記窓口へ送付して下さい。

  • 提出締切は、年度初回来所の10日前です(必着)。

【提出先】
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部 共用推進課

注⑤

ビームタイムの来所の度に、SPring-8 User Informationよりマイページにログイン後、利用申込書をオンライン提出して下さい。持込試料、持込物品がない場合でも、「試料および薬品等持込申請書」と「物品持ち込み届」を併せてオンライン提出して下さい。提出後、来所時手続き[安全講習、ユーザーカード・個人被ばく線量計の確認(所属機関用)と受け取り(SPring-8用)、研究交流施設の予約等]についてJAEA事務局より連絡します。

  • 提出締切は、毎回来所の10日前です。
  • 申込書提出後の内容変更は、速やかに JAEA事務局へ連絡して下さい。
注⑥

研究交流施設の予約時は、残室状況を確認して下さい。予約のキャンセルは、チェックイン2日前の16時までです。これ以降は利用料相当額が徴収されます。

注⑦

実験装置調整等で来所する場合は、SPring-8 User Informationよりマイページにログイン後、利用申込書の画面でSPring-8課題番号を入力し、「調整等来所追加」をクリックしてオンライン提出して下さい。提出後、来所時手続きについてJAEA事務局より連絡します。

  • 提出締切は、毎回来所の10日前です。
  • 申込書提出後の内容変更は、速やかにJAEA事務局へ連絡して下さい。
注⑧

放射性物質の持込、レーザー機器の利用・持込、高圧ガスの持込については、JAEA受入担当者に事前連絡・調整の上、必要書類を提出して下さい。詳細については、https://user.spring8.or.jp/?page_id=722 をご覧下さい。

  • 提出締切は、毎回来所の最大各サイクルの30日前から2週間前までです。
  • 締切を過ぎると利用できない場合がありますので、十分にご注意下さい。
注⑨

JAEA事務局からの連絡に基づき、来所時手続きをお願いします。来所の際は、所属機関から配布される個人被ばく線量計を必ず持参し、理研安全管理室(北管理棟)で提示して下さい(海外機関所属者は対象外です)。

退所時は、ユーザーカード・線量計(SPring-8)を北管理棟へ返却して下さい。なお、ナノテクノロジープラットフォーム課題では、ビームタイム利用報告書(様式12)のオンライン入力は不要です。

≪研究交流施設について≫
研究交流施設管理棟のフロント0791-58-0933(内線:8181, 8182)で、チェックイン(16:00‐22:00)/ チェックアウト(7:00‐10:30)を受け付けます。予約時のチェックイン予定時間を過ぎる場合は、研究交流施設管理棟フロントまでご連絡ください。22:00までに連絡がない場合は、チェックインできないことがありますので必ずご連絡ください。予約のキャンセルは、チェックイン2日前の16時までです。これ以降は利用料相当額が徴収されますのでご注意ください。

注⑩

課題実施後、JAEA事務局より「利用シフト数請求書 兼 請求書送付先申請書」を送付しますので、内容を確認の上、返信して下さい。金額確定後、利用料金(手数料を含む)の請求書を送付しますので、指定口座へお振込下さい。

  • 利用料金は1シフト(=8時間)単位で換算し、8時間未満のダウンタイムの場合、1シフト使用と見なします。
  • 請求明細書(内訳書)がご入用の場合は、別途 JAEA事務局へお申し付け下さい。
注⑪

「利用課題実験報告書」を実施期終了後60日以内にオンライン提出して下さい。SPring-8 User Informationよりマイページにログイン後、「利用課題実験報告書」を選択して入力して下さい。

  • 課題番号は、SPring-8課題番号(2018A○○○○)を使用して下さい。
注⑫

「実施報告書」を提出(メール添付)して下さい。様式等はJAEA事務局より送付します。JAEAの施設供用利用課題実施報告書の提出をもって、ナノテクノロジープラットフォーム課題の利用報告書の提出に代えています。

  • 提出期日は、実施期終了後60日以内です。
  • 報告書のタイトルは原則として申請課題名とし、変更される場合は理由書を提出して下さい。

原子力機構の過去の施設供用利用課題実施報告書は以下のサイトでご覧いただけます。
http://tenkai.jaea.go.jp/facility/3-facility/06-news/commonuse.html

ナノテクノロジープラットフォーム課題の各実施機関の過去の利用報告書は以下のサイトでご覧いただけます。閲覧するためにはパスワードが必要です。下記URLより閲覧パスワードの申請をしてください。
※閲覧パスワードにつきましては、無断配布することを堅くお断りいたします。
http://www.nims.go.jp/acnp/report.html

【提出先】
〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
原子力科学研究部門
物質科学研究センター 研究推進室(播磨地区)
担当:毛利 梓
E-mail:harima-usersoffice[at]ml.jaea.go.jp

注⑬

論文発表等で公表した成果について、「成果公表連絡票」を別刷り等2部と共に提出してください(送付またはメール添付)。論文発表等とは、原著論文、総説、プロシーデシングス、単行本、賞、特許出願、業界誌、社報、研究会、報告会、ワークショップ、セミナー、シンポジウム、講演会、プレス発表、招待講演、その他の口頭発表(ポスター発表)などです。様式等はJAEA事務局からお送りします。

  • 提出期日は実施年度終了後2年以内(2021年3月31日)
  • 複数課題の成果をまとめて公表する場合は、関連する施設供用課題番号を全て記入してください。

【提出先】
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
原子力科学研究部門
物質科学研究センター 研究推進室(播磨)
担当:毛利 梓

 

報告書名 提出先 提出期限
2016A期
課題
2016B期
課題
2017A期
課題
2017B期
課題
2018A期
課題
利用課題実験報告書 JASRI 実施期終了後60日以内 同左 同左 同左 同左
実施報告書 JAEA 2016年
11月30日
2017年
5月30日
2017年
11月30日
2018年
3月31日
実施期終了後60日以内
成果公表連絡票 JAEA 2019年
3月31日
2019年
3月31日
2020年
3月31日
2020年
3月31日
2021年
3月31日
研究成果のデータベース登録 JASRI 2019年
9月30日
2020年
3月31日
2020年
9月30日
2021年
3月31日
2021年
9月30日
注⑭

<謝辞の例>
本研究(の一部)は文部科学省委託事業ナノテクノロジープラットフォーム課題(課題番号:A-18-AE-○○○○)としてJAEA微細構造解析プラットフォームの支援を受けて実施しました。放射光実験は、高輝度光科学研究センターの承認のもと、SPring-8のJAEA(QST)ビームラインBL○○○○でJAEAの装置を用いて行われました(課題番号2018A○○○○)。JAEAのA博士の〇〇〇〇に関する支援には深く感謝いたします。

注⑮

実施期終了後3年以内(2018A期の実験の場合、2021年9月30日)までに、以下いずれかの成果公表を行い、JASRIの研究成果データベースにオンライン登録(SPring-8 User Informationより、マイページにログイン後、「論文発表等登録」⇒「タイトル・発表先」を入力)して下さい。

  1. SPring-8課題番号が明記されている査読付き論文(査読付きプロシーディングス、博士学位論文を含む)
  2. SPring-8/SACLA 利用研究成果集
  3. SPring-8/SACLA成果審査委員会が認めた公開技術報告書

詳細はSPring-8成果公表のWebサイトをご覧ください。