ビームライン

JAEAおよびQST専用ビームライン

BL11XU

QST極限量子ダイナミクスⅠビームライン

  • 最寄扉

    蓄積リング棟B1

  • 光源

    真空封止アンジュレータ

  • 光エネルギー

    6~70keV

  • 分光器

    液体窒素冷却二結晶分光器

  • 特徴

    高輝度で広いエネルギー範囲のX線を取り出すために、分光器にマルチ結晶交換システムを用いて真空中で2つの結晶面Si(111), Si(311)が切り替え可能となっており、 効率的にビームタイムを利用できます。

  • 研究分野

    核共鳴散乱実験、XAFS構造解析、X線非弾性散乱実験、結晶成長のその場観察など

BL14B1

QST極限量子ダイナミクスⅡビームライン

  • 最寄扉

    蓄積リング棟B2

  • 光源

    偏向電磁石

  • 光エネルギー

    5~90keV(単色)、5~150keV(白色)

  • 分光器

    水冷二結晶分光器、結晶ベンダー付き

  • 特徴

    分光結晶を光軸上から退避させることで連続スペクトルの放射光(白色X線)が取り出せます。通常のXAFS実験や角度分散型回折実験では単色X線を、局所構造変化のその場観察に用いるエネルギー分散型XAFS(DXAFS)や超高圧実験におけるエネルギー分散型回折実験では白色X線をといった使い分けが可能です。また単色X線ではミラーや分光結晶ベントによる集光が可能で、高調波のない高強度の光が利用できます。ミラーは白色X線に対しても挿入できるため不要な高エネルギー成分のない連続スペクトルX線が利用可能で、DXAFS実験などでは大変有効です。

  • 研究分野

    高圧科学、構造物性、表面科学、触媒反応のその場観察、XAFS構造解析など

BL22XU

JAEA重元素科学Ⅰビームライン

  • 最寄扉

    蓄積リング棟B4、RI実験棟正面出入口

  • 光源

    真空封止アンジュレータ

  • 光エネルギー

    3~70keV

  • 分光器

    液体窒素冷却二結晶分光器 Si(111) 2式

  • 特徴

    ウランのM吸収端(約3.5 keV)から鉄鋼材料内部の応力分布測定に有効な高エネルギー(70keV)までの広いエネルギー範囲の高輝度光を利用できます。ベリリウム屈折レンズ、結晶移相子など特殊な光学素子を整備しており、マイクロビーム実験、磁気散乱、スペックル測定なども可能です。

  • 研究分野

    高圧科学、共鳴X線散乱、コヒーレントX線散乱、応力分布解析など

BL23SU

JAEA重元素科学Ⅱビームライン

  • 最寄扉

    蓄積リング棟C1、RI実験棟正面出入口

  • 光源

    真空封止ツインヘリカル・アンジュレータ

  • 光エネルギー

    0.37~2keV

  • 分光器

    不等刻線間隔回折格子、試料位置でのエネルギー分解能E/ΔE > 10000

  • 特徴

    軟X線ビームラインです。このエネルギー領域では世界最高レベルのエネルギー分解能を有しており、精密な電子構造・磁気構造の解析が行えます。ビームライン下流部はRI棟内に導入されており、強相関系物質として興味深いウラン化合物などが試料として扱えます。

  • 研究分野

    表面化学反応、電子構造解析など